息子についてのあれこれ。と私の日記。


by souh0715

経口負荷試験1日目;牛乳

前日の昼休みに買いに走ったアイテム。
e0183927_122511100.jpg

牛乳を飲まなかった場合はヨーグルトで。と言われていたので念のためにプチダノン。
そして、うどん。
これらを持って、病院へ。

8:40 入院受付。
9:30 医師から説明を受ける。今まで摂取していないので最終目標50ccで1/16から始めると決定。
9:45 牛乳3ccから開始⇒変わりはナシ。
10:15 6ccに増量⇒頬と顎に赤み、湿疹が出現し始める。
10:45 増量せずに6ccを続ける⇒首筋、膝裏にも湿疹・発赤。
11:15 身体に2か所以上の症状が出たため、続けるか止めるかの選択。終了を選びました。
11:45 摂取後1時間経過したため、母乳の許可がでて飲みながら眠りに落ちる。
13:00 昼寝から起きる。お昼を食べる。
13:30 無形軟便をする。
15:00 水様便(完全に水)。機嫌良く遊んでいれば痒みには気付かないようだが、少しでも注意したりするとすぐに機嫌が悪くなり身体を引っ掻きだし始める。
18:00 夕食
19:00 母乳ばかり欲しがり、眠ろうとするが痒みのため眠れず。ボディチェックすると耳切れが出現。首筋、顎にも湿疹の塊りがあり、赤くなっていない腕や頭も引っ掻き始める。
20:00 ペリアクチンを飲んで、痒みが落ち着いたらしく少し元気になる。母乳を飲んで、就寝。

1日目終了。

続行か終了かの選択ですが、医師からの説明は下記のとおり。
1.乳製品を完全解除の目的で行うなら増量して症状を見極める。
2.15ccまでは飲めたのだから、今後は家で1/4-1/3の量(5ccくらい)を目安に負荷をすることにして、明日の小麦に備える。
どちらかを選んでください。との事でした。
あの時点で、おそらく下痢もするだろうと予測していたので終了しました。

2日目に続きます。
[PR]
by souh0715 | 2010-03-11 12:46 | アレルギー